安易に考えず専門家に任せるのが得策

アンテナ

地上波にしろ衛星放送にしろテレビなどの放送を視聴するには、放送の電波を受信するアンテナが必要になります。そして、アンテナが電波を受信するようにするためには基本的に建物の高い位置、屋根もしくはベランダなどに設置する必要があります。一般的には、そうしたアンテナ工事は専門の会社に依頼して施工してもらいます。中には、自分で取り付けようと考えている人もいるかもしれませんが、結論から言うとおすすめできません。機械に強い人でも、アンテナを買ってきて工具などを使えば簡単に取り付けられるかというとそうではないからです。設置するためには専用の金具などを使うのでその取り扱いに慣れていなければなりません。また、電波が正しく受信できる方向や角度などを調整し決定するためには、専用の計測器と立地条件から判断できるノウハウが必要です。さらに、これは基本的なことですが、屋根などの高所で行う作業は落下する恐れがあり大変危険です。地上とは違い、高所では突風が吹くこともあり、バランスを保ちながら歩くことも大変でしょう。移動している途中に屋根瓦などを破損してしまう可能性もあります。そして、アンテナ自体の設置には資格は必要ありませんが、配電するために電気工事が必要になる場合は電気工事士の資格が必要になります。さまざまなリスクを考えると、ノウハウを持っている専門家に任せるのが無難です。

申し込みは家電量販店経由がスムーズ

アンテナ

アンテナ工事を申し込む際には、まず、地上波用なのか、BSあるいはCS用なのかといった用途をしっかり伝えましょう。最近の機種は複数の種類の電波が受信できる共用タイプもありますが、電波の種類によって調整する内容などが違ってきますので確認しておくことが大切です。また、設置する家屋が一軒家なのか集合住宅なのかといった環境的なこともあわせて伝える必要があります。特に集合住宅の場合、隣家のアンテナが既に設置されていると新たに設置する場所を調整して決めたり、大家さんや管理会社に作業許可をとる必要があったりするので注意しましょう。このような調整事があることを考えると、アンテナの購入から設置工事までを一括のサービスとして提供している家電量販店などに依頼するとスムーズに手続きが進むことが期待できます。すでにアンテナを設置していて、撤去と新設を同時に行うような場合は、下取りサービスも行なっている家電量販店が便利です。工事に関しては専門家に任せるので自分で作業することはありませんが、屋根やベランダに登るための足場が組みやすいように、邪魔になりそうな物は片付けておきましょう。

広告募集中